MENU

40代独身男性の悲惨な末路!理想の貯蓄額の割合と休日何する?

40代独身悲惨
  • URLをコピーしました!

以前『結婚できない男』というTVドラマが話題になりましたが、あの内容は近頃の世相を大げさに表現したものでした。

外見は並以上で収入も少なくないのにずっと独身という内容で、阿部寛さんが演じていた桑野信介は「結婚できない訳ではなくて結婚したくない!」と言い放っていました。

客観的に見ると「単に我儘な性格なだけなのでは?」と思えたりします。ですが、実際の40代独身男性は、そのようなTVドラマとは全然違う状況が垣間見えます。

この記事では40代独身男性の悲惨な末路と、そこから生じてくる懸念材料や、脱却する方法などを具体例を交えながら分かりやすく解説していきます。

目次

40代独身男性は悲惨な末路を辿る

40代独身男性は大きく2種類に分けることができます。

①一度も結婚経験がない男性。
②結婚経験があるバツイチ男性。

同じ40代独身男性でも①と②では人生のバックボーンが全く異なり、一括りにはできません。まずは2種類ごとの境遇をこうさつしてみましょう。

また、彼らがどのように考え、どんな行動をしているのかを説明していきます。

バツイチの40代独身男性

昨今は3組に1組は離婚しているというデータがありますが、独身男性で離婚経験者は40代前半で4.7%、40代後半で6.3%と、約20人に1人が離婚経験者です。離婚する原因は人それぞれなので一概には言えません。ですが、離婚は莫大なエネルギーを消耗する人生の転機となるので、いつまでも引きずる男性が少なくありません。

以上を踏まえると、40代バツイチ男性の5人に1人が再婚しているのが分かります。残りの80%は再婚しないか、したくてもできないのが現状です。勿論、莫大な養育費の支払いなどの経済的な理由で再婚できない場合もありますが、悲惨な現実として歳を重ねるごとに再婚できる可能性は低くなります。

さらに、自分自身が離婚経験によって再婚に積極的になれない場合も少なくありません。バツイチ40代男性は十人十色と言えるでしょう。

独身を貫き通した男性

現代の日本では未婚化・非婚化・晩婚化が加速していますが、それは平均初婚年齢が上昇しているだけでなく、婚姻率の低下を招いています。一度も結婚経験がない人の割合を「生涯未婚率」と言いますが、1980年までの生涯未婚率は3%未満でした。ところが1990年代以降は右肩上がりに推移し、2015年の生涯未婚率は約4人に1人の割合となっています。

参照元:国立社会保障人口問題研究所

一度も結婚経験がない男性は基本的に恋愛経験もなく、どうすれば異性と交際できるかというフェイズからストップし、恋愛願望はあるのに行動できないでいるのです。

独身40代男性は孤独で鬱になりやすい?

独身男性でも歳によって不安感や孤独感は大きく異なります。当然ですが、周囲に同じ境遇の人が沢山いれば気にならないもので、20代なら独身の方が圧倒的に多数なので、寧ろ「自分は正常」だと思えます。

ですが、30代前半には約50%、30代後半になると60%以上が結婚を経験するので、その年齢に達すると焦燥感が生じるはずですが、女性と比べて男性は自覚する時期が遅い傾向にあります。

それから、自分の置かれている現実の状況に気付き、今の状況をプラスに好転するのが難しくなるのが40代独身男性の特徴です。つまり、40代独身男性という現実を受け入れざるを得ない時期とも言えます。さらに、周囲の既婚者たちとは価値観やライフスタイルが違ってくるので、疎遠になりやすくなり、それがより孤独感を加速化させます。

悲惨な末路を辿る理由

「悲惨」とは「悲痛な気持を起こさせるような惨めな有様」という意味で使われます。

30代までなら、まだまだ結婚できるチャンスがありますが、40代に突入すると本人も周囲も「結婚は到底無理だろうなぁ…」と思うようになります。

ですが、つい強がりな自分を演じてしまう様は「悲惨」です。

既婚男性は独身男性を自由で気楽だと思っている?

ほとんどの人は「隣の芝生は青く見える」という傾向が強く、自分が持っていないものを欲しがる習性があります。既婚者からすれば独身男性は気楽で自由に生活し、お金の使い道も自由で、人間関係の煩わしさもないように思えてしまいます。

ですが、そのように思うのは40代独身男性のメリットしか見ていないからです。前述したように「悲惨」なデメリットが多く、にも関わらず「気楽で自由だよ」と強がってしまうので、ますます心が荒んでしまいます。

「他人から縛られない」というのは事実ですが、漠然とした未来に対する不安がよぎってしまうのが「40代独身男性」の実態なのです。

40代の独身男性が孤独を乗り越える方法

独身生活も40代に突入すると孤独感が一層強くなり、普段から否定的な未来を思い浮かべるようになります。

今どきの40代独身男性はどのような生活をして、どのような休暇を過ごして、何を生き甲斐にしているのでしょうか?

彼らのライフスタイルと、そこから見え隠れする本音や本心を読み取っていきましょう。

40代には2種類の生き方がある

40代男性で独身を貫き通すとすれば2種類に分かれてしまいます。一方は「結婚を諦めきれない」または「以前に彼女がいたからまだチャンスを掴める」と信じ込んでいるタイプです。周囲からすれば、ほぼ全員が見ていて残念な人であるケースが多いです。

この手のタイプに限って、若い女の子を求めていたり、外見や容姿を重要視していたり、すでに適齢期を過ぎている自分を客観視できない「とても痛い人」です。言い換えれば「過去に囚われている」のでしょう。

ですが、痛い人だからこそ、積極的にアクションしてアプローチできる人が多く、残念な事に相手に迷惑がられている事などお構いなしです。もし、周囲にそんな人がいたら「見ていて痛いよ」と教えてあげましょう。

もう一方は、恋愛経験が全くないか乏しいタイプで、40代にして悟りの境地を開いたような心持ちで人生を諦めた人たちです。前述のタイプとは異なり、相手には迷惑がかかりませんが、そばにいるだけで醸し出すネガティブなオーラ全開で周囲からも近寄りがたいイメージで見られがちです。こちらは俗事を超越した達観・諦観タイプに分類されます。

とにかく自分自身に自信が持てなくて、いつも消極的な態度で、口から発せられる言葉はネガティヴな内容が圧倒的に多いです。もし、どちらかに自分が当てはまっているのなら、彼らとは違う生き方を選んだ方が得策でしょう。

休日は孤独で寂しくなる

一括にはできませんが、どのようにして40代独身男性は孤独な休日を過ごしているのでしょうか?

アンケート調査結果によると80%以上の独身男性は休日は一人で過ごしているそうです。さらに外に出ないで家で一人で過ごす人の割合も全体の60%に達しています。

以上から読み取れるのは、40代独身男性の休日の過ごし方はアウトドア派よりもインドア派の方が圧倒的に多いという事です。

家から出せず何をして過ごすかと言えば、睡眠、ネット閲覧、テレビ視聴などのような、内向的なものが圧倒的に多いです。

本気で寂しさや孤独感を解消したいのなら休日の過ごし方を工夫して有意義なものにするべきでしょう。40代に突入すると平日に労働した後の休日に外出するのは、肉体的にも厳しいですが、外に出て異性との出会いを求めたり、現状を積極的に変えるための行動が欠かせません。

孤独と不安は常に付きまとう

孤独と不安を感じる理由は一概には言えませんが、基本的には共感できる相手がいないと生じます。共感できる相手と繋がるためには交際相手が必要なので、40代独身男性が孤独を感じるのも無理はありません。

さらに、肉体的な衰退も拍車をかけるので、今まで味わった事がないような孤独感が生じます。これらのネガティヴが要因は常に付きまとう事も大変な苦痛を伴います。そして「人生こんなはずじゃなかったのに…」と嘆くのです。

生きがいが無い人は人生をどう過ごせばいい?

悲惨で孤独で、つまらなそうな人生を歩んでいる40代独身男性ですが、全く生きがいがない訳でもありません。一般的に生き甲斐とは、「生きるために見出す充実感、達成感、満足感」と考えられています。中には仕事に生き甲斐を見出している人もいるでしょうが、人生の最後の瞬間には後悔するかもしれません。

40代にも突入すると人生の折り返し地点になっているので、無理に見出そうとする生き甲斐ではなく、人生最後の瞬間に後悔しないかを考えながらいきるべきです。

40代独身男性の孤独と寂しさからの脱却

「このまま悲惨な末路を辿るのか…」とお手上げ心境になりがちな40代独身男性ですが、健全な人生を取り戻すための対処法はないのでしょうか?

統計データから見えてくる可能性と、今するべき行動について解説していきます。

40代独身男性の婚活成功確率

40代独身男性が結婚できる確率はどの程度なのでしょうか?これに関しては統計で色々な数字がありますが、実は統計の解釈が間違っているケースも少なくありません。

積極的に婚活してパートナーを探そうとしている40代独身男性と、全く何の行動もしていない人では前提条件が変わってきます。

まず統計的な数値を見ると2010年に40歳だった独身男性が、2015年に45歳になった時点で、約12.3%が独身から脱却しています。ですが、これは全く行動していない人も含めた数値です。

これが積極的に婚活した独身男性を対象にした調査では、41.5%の人が婚活に成功したのです。

半数近くの独身男性が何らかのアクションやアプローチをする事で孤独で寂しい独身暮らしから脱却できたのです。

参照元:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

理想と幻想を追い求めるな

40代独身男性の中には「なぜあの人は未婚なのだろう」と不思議がられる人もいます。そして、このタイプは前述した「過去に囚われているタイプ」と沢山の共通点が見出だせます。

男性の悲しい習性とも言えますが、40代になっても「若い異性と付き合いたい」と思い、さらに自分を「そのへんの40代よりも若く見える」と考えています。

残酷な現実ですが、20代女性から見たら恋愛対象外なのです。この手の男性は自分でも知らない間に交際の機会を逃している場合が多く、また女性のように「今の自分に相応しい最適な相手を選ぶ」ということすら出来ないのです。

このような40代独身男性にこそ客観的に自分を分析し、それを熟知した上で理想と幻想を追求しすぎない心持ちが大切なのです。

その先に待ち受ける悲惨な末路

40代独身男性が全く婚活をしないで、そのまま歳を重ねてしまった先には、決して幸福とは言えない悲惨な末路を辿る事になります。すでに高齢の独身男性の健康に関する問題点は海外では社会問題として深刻化しており、イギリスで2018年1月には「孤独担当大臣」というポストが新設されました。

日本でも独身男性の平均寿命は短縮化しており、男性の平均の死亡年齢は約81歳ですが、生涯未婚の独身男性の平均死亡年齢は約66歳、離別した独身男性の平均死亡年齢は約72歳です。

様々な研究結果によって「独身者の孤独感」が鬱病、心臓病、認知症などの疾患のリスクを高めて早死になると結論付けられています。

最低限の婚活をしよう

40代独身男性の孤独に打ちのめされる前に「最低限の婚活をしているのか」を自問して下さい。本当に辛い孤独から抜け出すための婚活をしていますか?

例えば、PCMAXやハッピーメールなどのマッチングアプリには老若男女を問わず「孤独で辛い」「話し相手が欲しい」「異性と繋がりたい」と嘆いている人が沢山います。という事は、少しでも行動を起こすだけでこのような異性と繋がりを持てるので、誰でも簡単に孤独の寂しさから抜け出す事ができるのです。

部屋の中に閉じこもって孤独に耐えていても人生が好転する事はないのです。一歩踏み出す勇気を持って下さい。小さな成功体験が人生を変えてくれるでしょう。

【まとめ】40代独身男性が孤独で悲惨な末路を辿らないために

本気で人生を変えたいのなら、思い立った時に始めてみましょう。特に40代独身男性の孤独感は一刻も早く解決するべき一大事です。いずれ迎える50代から先は、健康的にも精神的にも大きなリスクを伴います。

手遅れになる前に、理想の実現に向けた将来設計を具体的に立てる事を強くお勧めします。

もし、マッチングサイトの利用を検討するなら以下の記事を参考にして下さい。

⇒マッチングサイトのおすすめ人気ランキングはこちらをクリック!

40代独身悲惨

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる