MENU

50代独身女性きつい!貧困で孤独で悲惨で寂しい老後の末路…

50代独身女性きつい
  • URLをコピーしました!

50代の独身女性の多くは、寂しさを感じています。友人や知人は皆、結婚して家庭を持ち、自分の子供もいます。でも、まだ独身の女性もいます。「この寂しさを一生抱えて生きていかなければならないのか?私は一生ひとりぼっちなのだろうか」と悩んでいる人もいるでしょう。

この記事では、50代の独身女性がどのように辛く寂しい思いをしているのかを解説しています。この記事が、50代の独身女性が明るい人生を送るための一助となれば幸いです。

目次

50代独身女性は「きつい」「孤独」と言われる理由

50代独身女性の多くは「きつい」「孤独」と言われています。今回は、50代独身女性が 「きつい」「孤独」 と感じる理由を解説します。

どんな時に孤独を感じる?

50代独身女性の多くは孤独を感じています。では、孤独を感じるのはどのような時なのでしょうか。

  • 不調や疾患で入院した時。
  • 楽しかった思い出を語り合える相手がいない時。
  • 周囲の人から子供や孫の話題を振られた時。

50代に突入すると、健康や体力に不安を感じることが多くなります。もちろん、いつまでも健康でいたいものですが、不調や疾患で入院することもあるでしょう。既婚者であれば、配偶者や子供が面倒を見てくれますし、お見舞いにも来てくれます。ですが、 50代独身女性の場合は、そのようなことはありません。

また、日頃の出来事や人生の思い出を語り合える人がいないと孤独感が生じます。例えば、一緒に旅行を楽しんだり、一緒にライブに行く相手がいないというのは、想像以上に孤独を感じます。一年の中で最も孤独を感じるのは自分の誕生日です。

50代独身女性の誕生日を祝ってくれる人は何人いるでしょうか?勿論、職場の同僚、先輩、後輩などが考えられます。ですが、誰も自分の誕生日を祝ってくれない場合もあります。そうなると、孤独感が募ります。

周囲の人達が自分の子供や孫の話題を切り出すと、孤独を感じる人は多いと思います。20代や30代の頃は孤独を感じなかった人でも、50代になると周囲の人達と自分の境遇を比較して、孤独を感じることがあります。

また、以前は気心の知れた間柄でも、子供や孫の話題になることが多くなり、孤独感や疎外感が募ることもあります。

50代独身女性が「きつい」と感じる理由

50代独身女性の多くは、「きつい」と感じていると言われています。その理由は大きく分けて3つあります。

  • 定年後に一人暮らしをしなければならない。
  • 生活費における不安。
  • 支えてくれる配偶者がいない。

もちろん、「きつい」と感じる理由はたくさんあります。しかし、大きく分けて3つの理由があります。

ひとつは精神的な不安です。老後にひとりで生きていかなければならないこと、入院や手術をしたときに面倒を見てくれる人がいないこと、支えてくれる配偶者がいないことなどです。もう一つの代表的な不安は、収入・生活費・就労問題です。

厚生労働省の資料によると、女性であれば、年齢と収入は比例する傾向にあります。

ただし、50代前半よりも50代後半の方が収入が低い傾向にある点に注意が必要です。さらに、60代になると、どんな会社に勤めていても収入は激減します。 つまり、50代前半が女性の収入のピークとも言えます。

50代~60代では健康面における衰えが表面化し、月々の医療費も増加しやすい傾向にあります。ですので、金銭面においても「きつい」と思うのです。

もちろん、会社の規模や地域などによっても賃金は異なりますので、一概には言えませんが、多くの人が景気に不安を感じていることは事実です。

50代独身女性は貧困が深刻化する

50代独身女性は「きつい」と思う最大の理由は金銭的問題です。独身女性は高齢になると生活費に頭を抱えることになります。

年齢階層別相対的貧困率によると、女性は高齢になると貧困率が高くなる傾向にあります。一般的には、男性よりも女性の方が貧困率が高いです。さらに、80歳以上になると、男女では圧倒的な差が生じます。

50代の独身女性が貧困になる要因はいくつか考えられます。主な要因は以下の通りです。

  • 生活費を自分一人で稼がなければならないから。
  • 両親や親戚を介護するための費用がかかるから。
  • 更年期障害によって自分の医療費が増えるから。

以上の理由で50代独身女性は、同年代の男女と比べると貧困層に陥りやすいです。

配偶者が居ない独身であれば、自分で生活費を稼ぐしかありません。配偶者がいる女性であれば、旦那や子供の収入に頼ることができます。ですが、未婚の独身であれば、自分の稼ぎだけで暮らさなければなりません。

また、50代に突入すると両親や親戚の面倒を見なければなりません。ほとんどの50代の親は80代以上のはずです。超高齢の親の面倒を見るのは肉体的にも精神的にも経済的にも金銭的にも大きな負担となるでしょう。

自宅にヘルパーに来てもらったり、施設に入れたりすると、出費の負担は増えます。

施設の費用は払えないので、自分で面倒を見るという選択肢もあります。ですが、介護は多くの時間を要するので、退職して介護に専念するしかありません。その結果、収入源が途絶えてしまいます。だから、貧困層に陥ってしまうのです。

支出が増える理由は両親や親戚の世話だけではありません。50代になると生活習慣病のリスクが高まります。女性であれば、乳がんや更年期障害のリスクもあるでしょう。これらの生活習慣病の治療費が高額になるため、生活が困窮することも珍しくありません。

これらは、 50代独身女性が貧困に陥る理由のほんの一部に過ぎません。

50代独身女性が孤独を解消する4つの方法

50代独身女性は「きつい」「寂しい」という感情に苛まれがちです。ですが、ずっと寂しさや窮屈さを抱えたまま生きていくのは、とても悲しくて辛いものです。

この記事では、寂しさや窮屈さを克服するためにできることを解説します。

①自分の好きなことに没頭する

50代独身女性が寂しさや落ち込みを克服するためにできることは、趣味の時間を増やすことです。平日は、仕事などの用事があれば、寂しさや落ち込みを感じにくいものです。しかし、週末や休日は、寂しさや憂鬱さを感じやすくなります。

そんなときに役立つのが、趣味です。趣味に時間を費やすことで、孤独感や憂鬱感を和らげることができます。

ただ、趣味がある人はいいのですが、趣味がない人は、「趣味に時間を使ってください」と言われても、どうしたらいいかわからないかもしれません。

社会生活基本調査によると、シニア世代では映画館以外での映画鑑賞が大幅に増加しているようです。

無趣味の人は、映画館以外での映画鑑賞を趣味にしてみてはいかがでしょうか?映画は映画館で見るものだという固定観念があるようです。もちろん、映画館で映画を観ても構いません。

ですが、休日に映画館に足を運ぶと、客層は恋人同士、夫婦、家族連れが多いです。そうなると、余計に寂しさやストレスを感じてしまうこともあるので、注意が必要です。

また、インターネットの普及に伴い、ウェブを通じて月額課金制で映画を見ることができるサブスクが普及しています。休日に好きな映画を見ることで、気分転換になり、寂しさやストレスを解消することができます。

また、読書、楽器演奏、美術館巡り、カラオケ、ガーデニングなど、他の趣味に時間を費やす人も多いです。

②ボランティア活動に参加する

寂しさを感じている50代独身女性なら、ボランティア活動をするのも一つの方法です。なぜボランティア活動に時間を割く必要があるのかと思う人もいるかもしれませんが、単純な答えはメリットがあるからです。

ボランティアには様々な種類がありますが、中でもおすすめなのは、地元のコミュニティに参加することです。メリットの一つは、より多くの人と知り合えることです。近所の人の名前と顔をどれだけ知っていますか?

田舎では誰もがお互いを知っていることが珍しくありませんが、他の地域では、隣人のことを意外と知らないものです。

ボランティアに参加すると、いろいろな知り合いができ、同年代の人と知り合いになることができます。ボランティア活動を通じて知り合い、交際し、結婚した人もいます。時間に余裕のある方は、ぜひボランティア活動に参加してみてはいかがでしょうか。

総務省の社会生活基本調査によると、50代後半の女性が最もボランティア活動に積極的なのだそうです。

③独身女性の会に入る

50代の独身女性が寂しさを解消するには、同じような独身女性と友達になるのが一番です。そのためには、独身女性の会に参加するのが良い方法の一つです。他の独身女性と集まって話をしたり、新しい友達を作ったり、同じ趣味を楽しんだりする方法はたくさんあります。

このようなグループに参加することは、同じ状況にある他の女性と出会うための素晴らしい方法です。あなたの孤独や困難について彼女らに話すことができ、それがあなたの孤独や困難を軽減するのに役立ちます。

独身女性の会には様々な種類がありますが、最も一般的なものは以下の通りです。

  • 会食
  • お茶会
  • 飲み会
  • 勉強会
  • 女子会
  • ランチ会
  • 誕生日会

また、独身男女のための交流会もたくさんあります。まずはこれらを利用してみてはいかがでしょうか。

④婚活サービスを利用する

「孤独だ」とか「きつい」という心境を理解してくれる相手を探すなら、シニア婚活をするのがオススメです。シニア世代にもなると完全に婚活を諦めた人も多いと思いますが、老後の孤独感ときつさを分かち合える相手を探している人も少なくありません。

パートナーエージェントのアンケート調査によると、50代独身女性が配偶者を求める理由は以下の通りです。

  • 信頼して安心して付き合えるパートナーが欲しいから
  • 一人で生きるのは寂しいから
  • 自分の経済状況に不安があるから

50代独身女性がパートナーを探すのは「老後問題」「孤独感」「経済的要因」が主な理由だと言われています。

50代独身女性であれば、結婚相談所に入会したり、シニア婚活パーティーに参加したり、マッチングサイトに登録したりするのが良いでしょう。もしあなたが50代独身女性で、寂しさや窮屈さを感じているなら、それはあなただけではありません。寂しさから逃れるための最も重要な方法の一つは、シニア婚活に集中することです。

悲惨な末路を辿る?

世間では50代独身女性は悲惨だと揶揄されることが多いです。ですが、本当に悲惨な末路を辿るのでしょうか?一般的には、経済的にも健康的にも悲惨な境遇になってしまうことは否めません。ですが、絶対に悲惨な末路を辿ると断言はできません。今回、お伝えしてきたように、自分次第で人生を好転させることも決して不可能ではない。

もし、老後や健康、金銭面で大きな不安を感じているのであれば、不安を解消するために行動を起こしましょう。行動を起こすことで結果が変わり、50代独身女性の人生が悲惨なものでなくてもいいことを理解することが大切です。

人生が大きく好転するかもしれない

前述してきたように、50代独身女性というのは決して豊かではなく、様々な視点から「きつい」「悲惨だ」と感じる現実に直面することが多いでしょう。そして、自分の状況を悲観しているだけでは何も変わりません。

ですが、ちょっとした行動で、自分を取り巻く環境を変えることができることを忘れてはなりません。

例えば、マッチングサイトを通じて、自分の心の支えになるるパートナーを探し出して、現状を打開することができます。実際、マッチングサイトを利用している人の年齢層は幅広く、40代から70代の男女が多く利用しています。

その中にはあなたと同じような境遇の人もいますが、経済的には恵まれていても寂しくてパートナーが欲しいという人もたくさんいます。そういう人たちと触れ合うことで、孤独で悲惨な人生から幸せな人生へと大きく変えることができるのです。

今の時代、50代でも当たり前のようにマッチングサイトを利用している人はたくさんいます。ですから、年齢を気にする必要はまったくありません。むしろ、余計な不安を抱えて行動を起こさない方が悪いのではないでしょうか。

それを理解して、今の状況を打開するための努力をすぐに始めていただきたいと思います。そうすれば、数ヶ月で状況を好転させることができるでしょう。

【まとめ】50代独身女性が孤独で悲惨な人生にしないために

50代独身女性の「孤独」について

  • 老後が経済的にも健康的にも不安である。
  • 寂しさや窮屈さを感じている人が多い。

50代の独身女性が寂しさや窮屈さを解消するには

  • 好きなことに没頭する
  • ボランティアに参加する
  • 独身女性同士で集まる
  • シニア婚活をする

50代独身女性の中には、老後や健康、経済面での不安から、孤独やきつさを感じている人が少なくありません。孤独から逃れるためには、積極的に行動することが大切です。趣味を持つ、ボランティアをする、独身女性同士で集まる、シニア婚活するなど、さまざまな方法があります。

ですが、本当に自分の周りの世界を変えたいと思うのであれば、新しいパートナーを見つけることが最も重要であることを忘れないでください。

もし、マッチングサイトの利用を検討するなら以下の記事を参考にして下さい。

⇒マッチングサイトのおすすめ人気ランキングはこちらをクリック!

50代独身女性きつい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる